akusyu

昨今の人材不足やコスト削減の流れから、全ての業務を自社で賄うのではなく、ある一定の業務を他の企業に委託するアウトソーシングをする企業が増加しています。特にコストの面から海外アウトソーシングを使う例も多くなっています。

またアウトソーシングの内容は様々で、データ入力などの単純な作業から、ITスキルが必要となる業務など多岐にわたっています。しかし海外アウトソーシング(海外BPO)を行うにあたって身近に例がないと少しイメージがし辛い部分もあると思います。

今回は、海外アウトソーシング(海外BPO)を行っている例を紹介しますので、これからアウトソーシングを始める企業や検討中の企業にとって、参考になればと思います。

海外へのコールセンター拡張の例

この企業では、ECサイトをすでに海外向けに構えていましたが、日本にあったコールセンターを海外へ移転することにしました。この移転をきっかけにコールセンター業務を海外アウトソーシングしました。

導入する理由としては、海外に移転をしてアウトソーシングすることで、コールセンターの拡張をする際に国内との連絡をとりやすくし、また通話料をできるだけ抑えたいと考えています。また将来的には更に規模を拡張しようと考えています。

海外アウトソーシングを導入した結果、WEB回線を使ったコールセンターを使うことで、リアルタイミングでのモニタリング、また国内との内線化を実現することにより、国内と同じ金額で海外のコールセンターとの連絡が可能になりました。

また、日本でコールセンターを開設、及び拡大を行おうとすると、人材の募集や場所の確保を行うために多くの時間や費用が必要になっていましたが、海外アウトソーシングにコールセンター業務を委託することにより、時間とコストを抑えながら開設、拡大することができるようになりました。

化粧品の海外事業部のアウトソーシングの例

この企業では、海外事業部のアウトソーシングで英語や中国語の顧客対応や、マーケティング業務等を行っています。
導入する理由としては、海外での販売数を増加させるため拠点を作って店舗を増やすことを目的に、海外での業務をアウトソーシングしています。

海外アウトソーシングを導入した結果、海外アウトソーシングを利用することによって短期間で海外進出をすることに成功しただけではなく、なじみの薄い他国についても委託先のノウハウを使って展開を広めることができています。

人材派遣会社の例

この企業では、人手不足の影響を受けてなかなか人材のスカウトすることができず、面談数や成約数が落ちている状況でした。

導入する理由として、スカウトメールの準備や配信など、スカウトのために必要な事務をアウトソーシングすることにより、スカウトメールの絶対数増やして成約数を増やすることを目的としていました。業務内容は比較的単純作業で大量の業務があるため、コスト面を考えて海外アウトソーシングに委託しています。

海外アウトソーシングを導入した結果、スカウトメールの絶対数の増加に伴い、面談設定数が増えつつもスタッフの負担が減ったことから、成約数を大幅に増やすことができました。また国内で業務していた時と比べて、コスト削減を30%することにも成功しています。

最後に

海外ソーシングといっても、海外へ展開していく企業からノンコア業務を全て委託してコア業務に集中したいといった企業まで様々です。今回ご紹介した例は、海外アウトソーシング(海外BPO)の一部の例ですが、国内アウトソーシングと比べたときのコストメリットが大きいように感じています。

業務効率化につなげるためには、海外アウトソーシングをした場合としない場合のコストシュミレーションを十分に行うことが必要です。海外では国内よりも人件費が安いため、コスト削減をすることが可能ではありますが、中には業務効率化につながらないケースもあります。

海外アウトソーシングを導入したいけど、何をしたらいいのかわからない、不安があるといった企業様は、一度弊社までご相談ください。コストシュミレーションやアウトソーシングをするのに必要なことなど詳しく説明させていただきます。

弊社のサービス紹介

「ミャンマー進出支援」

「ミャンマーBPOサービス」

「ミャンマーオフショアサービス」

「外国人材雇用サポート」

お問い合せはこちらから