グローバル化に伴い新たな市場や人材を求めて海外進出やアウトソーシングをする企業が増加しています。
海外に目を向けているのは大企業だけではありません。日本の中小企業がビジネスチャンスを求めて海外展開へに進出しています。
コスト面や言葉の壁など様々な問題を抱えながらも挑戦をしようとしている企業にとって、頼りになるのが海外アウトソーシング会社。
満を持して海外進出をしたのにトラブルに見舞われたり、撤退してしまうケースも少なくありません。

今回は良い海外アウトソーシング会社の見極め方を解説していきたいと思います。

海外BPO会社の役割

いざ海外へ進出や、アウトソーシングをと思った時に頼れるのが海外BPO専門の会社。
何もわからないまま海外へいきなり仕事を依頼したり進出するのは危険です。今や海外へ進出しているのは60000社以上と言われています。
そのうち分けは製造業が44%・非製造業が56%を占めています。
地域別に現地法人を見てみるとアジアの割合が68%。アジアでは中国が大半を占めていましたがやベトナム、ミャンマーも順調に進出先としてが伸びています。

中でも注目したいのがASEANです。「ASEAN(東南アジア諸国連合)」とはマレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン・シンガポール・ブルネイ・ベトナム・ラオス・ミャンマー・カンボジア・からなる東南アジア10か国からなる地域の政府間組織です。
日本企業のASEANにおける進出の割合は12年連続で拡大。今も拡大傾向にあります。それだけ日本企業がASEAN諸国に活路を見出していることがうかがえます。

しかし、このコロナ渦でやや海外進出が減少方向になりつつあると(日本貿易振興機構(JETRO)調査による)報告されていましたが
一方で「今後新たに進出したい」とする企業も多く新規の進出意欲に衰えは見られません。

そんな魅力にあふれたASEAN諸国ですが進出や海外アウトソーシングをするにあたって信頼できる会社とはどんな会社なのでしょうか。

日本企業が海外進出に失敗する要因と事例

  • グローバル人材の不足
  • 社会情勢などの環境の変化
  • 現地人材の確保や管理
  • 海外BPO会社の選択ミス

グローバル人材の不足

海外進出において現地の企業展開をする人材は非常に重要です。
多くの企業がグローバル人材が育成できないことで撤退してしまうことが少なくありません。現地の情報収集や、指導・交渉にあたれるだけの経営能力のある人材やコミュニケーション・貿易実務な様々な業務をこなせるだけの人材が必要不可欠なのです。さらに、現地語の専門スキルを持った人材を揃え社内体制を万全にしておくのも必要となってきます。

社会情勢などの環境の変化

日本企業が海外進出で失敗してしまう大きな要因として社会情勢や環境変化による販売不振があげられます。
政治的混乱、競争環境の激化により見込んでいた収益があげられなくなって撤退しざるを得ないパターンです。
思いがけない紛争や、パンデミックなど様々な要因も挙げられるでしょう。

現地人材の確保や管理

国が変われば言葉も変わる。言葉も変われば習慣も大きく変わります。宗教上であったり、であったり日本と同じ感覚で現地の人材を確保、
管理しようとすると、トラブルを招きます。
海外進出にあたっては定款や就業規則、職務権限規程、人事管理マニュアルなどの制定が重要となってきます。

海外BPO会社の選択ミス

自社のリソース削減の手段として考えがちなアウトソーシングですが、活用にあたってそれなりにコストは発生するので、
あくまでも品質の向上につながるのかなど、まずは業務内容と品質中心で依頼先を選ぶことが大切です。

海外アウトソーシング先を選ぶ4つの基準

【スムースなコミュニケーション、レスポンス対応の速さ】

海外アウトソーシングする業務はノンコア業務が中心と考えられますが、ノンコア業務こそ本来の業務を支える重要な業務でもあるため、対応スピードが求められます。適切な工数でスムースに対応してくれる委託先であれば、万が一のトラブルにも素早く対処してくれるので、重視したいポイントです。

【自社のニーズにマッチした行有無設計や提案を行ってくれるのか】

業務内容の変更などよくあることですが、業務内容の変更時に、柔軟に対応してくれるのか(現行のままで活用可能なのか)など、
自社に負担を強いることのない最適な提案を行ってくれるのか確認してみましょう。

【運用中にこまめにフィードバックがあるか】

いざ、業務が動き出すと担当と連絡が取れない、業務の進捗がわからないなどのトラブルも少なくありません。
業務を丸投げするのではなく社内にノウハウを共有するためにもこまめにアドバイスをしてくれる業者を選びましょう

【良きパートナーになり得るか】

どんな企業にでも相性があります。それが海外アウトソーシングとなればなおさらです。自社の業務を共に行っていく存在ですので、プロの知見やリソースを活用し、課題に取り組んでくれるアウトソーサーを選びましょう。

海外プロアウトソーサならアンドファン

信頼のおけるプロのアウトソーサーならアンドファン。アンドファンサポートは

  • ミャンマー進出検討サポート
  • ミャンマーオフショア支援
  • ラボ型オフショア開発(ラボ契約)サポート

ほかにも現地に精通した日本人スタッフが常駐しており海外BPOを安心して任せらます。
ミャンマーは「アジア最後のフロンティア」呼ばれ今注目が集まっています。
人件費も安価でなうえ高いIT技術と豊富な実績で企業のコスト削減の両方を実現できます。

その他現地の観光地図アプリやパッケージ販売、ミャンマー輸入販売なども展開しております。
信頼できる海外BPO会社をお探しなら是非アンドファンにお気軽にご相談ください。